お役立ち情報Special

Special

Adobe Acrobat Pro DCの機能を紹介。
PDFの編集内容やStandardとの違いとは?

1990年代初頭に登場したPDF(Portable Document Format)は、紙文書を電子文書に置き換える方法として現在幅広く利用されており、PDFであればOSの種類やソフトの違いを意識せず、どのような環境下でも同一の状態で閲覧可能なのが特徴です。
その反面、PDFは編集できない・編集しづらいデータとして認識されていますが、Adobe Acrobat Pro DCを使えばより自由度の高い編集も可能になります。本記事では、Adobe Acrobat Pro DCによるPDF編集の概要についてご紹介します。

PDFファイルの編集が必要な場合とは?

PDFというファイル形式はそもそも、Adobe社が開発したということをご存じでしたか?
紙文書をそのまま電子化することができ、使用環境に関わらずオリジナルのファイルと同様に閲覧や印刷が可能な便利なファイル形式で、さらにパスワード設定や暗号化機能により、文書取扱の安全性を高めることもできるのが特徴です。

しかし、PDFが持つ高いセキュリティ機能によって、一般的には「PDFは編集できない/編集しづらい」と思われているようです。
それでも、業務中にPDFを編集する必要に迫られたことは、ビジネスパーソンであれば誰にでもあるのではないでしょうか?特に次のようなケースでは、PDF編集の必要性が高まると考えられます。

結合や分割
複数のPDFファイルを1つにまとめる、1つのPDFファイルを複数に分割する場合
入れ替えや連結
PDF内の情報が新しくなった時にその部分だけを入れ替える、複数の短い文書を連結して資料を作成する場合
文字の直接編集
PDFのごく一部の文字だけを編集したい時、もう一度、オリジナルを作成したWordアプリなどで作り直すのは手間がかかり、PDFで直接文字の編集ができれば効率的
墨消し
PDF文書の一部を非公開にしたい時、墨消しの機能が使えると非常に便利です。プライバシーの重要性が高まるなかで、既存の文書に墨消しをするケースは今後も増えるでしょう。

実はこうしたPDFの編集は、Adobe Acrobat Pro DCを使えば簡単にできるのです。Adobe Acrobat Pro DCであれば、上記の機能以外にも様々な編集が可能です。

Adobe Acrobat Pro DCでPDFファイルの編集ができる

Adobe Acrobat Pro DCは、Adobe社が無料で提供しているPDFビュアー「Acrobat Reader」よりも多くの機能が実装されています。編集機能について順番にみてみましょう。

PDFの変換機能
WordやExcelからHTMLまで、業務で使用するほとんどのファイルをPDFに変換できますが、その反対に、PDFをもとのファイル形式に変換することや、さらにPDFのサイズを後から圧縮することも可能です。
テキストの編集や追加
Adobe Acrobat Pro DCでは、PDFエディターを使ってファイルを編集します。テキストの編集や追加、フォントの変更などの操作が簡単にでき、注釈の追加やスペルミスのチェックも可能です。
ページ操作
ページの回転・移動・並べ替え・追加などの基本編集のほか、抽出したページから新しいPDFの作成や、ページへの再番号付け、トリミングなどの細かい編集もできます。
補助的機能
既存のヘッダーやフッター、背景や透かしを変更することができます。そのほか他者も利用可能なブックマーク(しおり)の追加や、スタンプ・電子印鑑の追加も可能です。
その他の機能
Adobe Acrobat Pro DCでは、PDFを複数に分割する機能やファイルの共有機能のほか、PDFの保護機能、機密情報の削除機能などのセキュリティ対策を設定することもできます。

Acrobat Pro DCの機能を解説。Standardとの違いを比較

有料プランであるAdobe Acrobat DC には、Acrobat Pro DCとAcrobat Standard DCという2種類のプランがあります。StandardとProの違いはどこにあるのでしょうか。機能面と価格面から比較します。

■Adobe Acrobat DC価格比較表【2022年1月時点、公式サイトで購入の場合】

Acrobat Pro DC Acrobat Standard DC
年間プラン(月払い) 1,738円/月(個人版:税込)
2,068円/月(法人版:税込)
1,518円/月(個人版:税込)
1,848円/月(法人版:税込)
月々プラン 2,948円/月(税込) 2,728円/月(税込)

Adobe Acrobat Pro DC / Standard DC機能比較

次にStandard DCとPro DCとの違いですが、以下にStandard DCにはない、Pro DCだけに搭載された主な機能を挙げます。

  • 2つのバージョンのPDFを比較し、すべての差分を確認できます。ファイルが更新された時に比べることができるので便利です。
  • スキャンした文書を編集および検索可能なPDFに変換できます。ほとんどの場合、紙をスキャンしたファイルはデータとしての文字情報が含まれませんが、Pro DCであれば、文字情報を識別できます。
  • PDF内の機密情報を完全に削除できます。作成者情報などを削除して一般公開したい場合に便利です。
  • ISOとアクセシビリティ標準規格に、PDFが準拠しているか検証、修正が可能です。
  • 機密情報に墨消し処理が可能です。一部を黒塗りした文書を作成するときに便利です。
  • PDFにオーディオ、ビデオ、インタラクティブオブジェクトを追加できます。PDF自体の利便性を高められます。

このほかにも、細かな機能の違いがあります。自身の業務に必要な機能が備わっていることを確認してから、価格を考慮してプランを選択すると良いでしょう。

Adobe Acrobat Pro DCの購入はライセンスオンラインがおすすめ

PDFは編集できないと思われがちですが、Adobe Acrobat Pro DCを使用することで、直接編集し画像や文章の追加を行うことができます。電子文書として幅広く利用されるPDFを、Wordのように編集できれば、業務の効率が大幅にアップするでしょう。

なるべくコストを抑えたい時や、ほかの製品も同時に購入する場合には、Adobeの正規販売代理店である「ライセンスオンライン」で購入することをおすすめします。ライセンスオンラインでは、「VIP:Value Incentive Plan(バリューインセンティブプラン)」を適用することでボリュームディスカウントが利用でき、ライセンス数が多くなればAdobeの公式サイトよりも安く購入できる場合があります。

PDF編集は、ある一部のスタッフしか使わないわけではなく、営業担当から事務担当まで、幅広い職種で活用される機能です。
必要なライセンス数がわかる場合は、一度ライセンスオンラインでお見積りを取得してみてください。よりお得なご案内が可能となるかもしれませんので、ぜひご相談ください。

またライセンスオンラインでAdobe以外の製品も含めて購入することで、ライセンスオンライン経由ですべてのライセンス製品を一元的に管理できます。
これまで各製品を各公式サイトで購入していた場合、複数サイトにまたがる更新・追加手続きを簡略化することができ、企業の経理担当者の負担を軽減できるため、ライセンス製品を購入予定の方はライセンスオンラインがおすすめです。
ご興味のある担当者様は、ぜひライセンスオンラインで、ご相談/お見積り取得をお試しいただければと思います。

Adobe Acrobat Pro DCの詳細はこちら

ご相談・お問い合わせ

ライセンスオンラインのサービスなどに関するお問い合わせ、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

お問合わせフォーム
  • フォームからのお問い合わせは、内容により回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お電話でのお問い合わせは、午前10時から12時、13時から17時(土日祝日・年末年始を除く)で承ります。電話番号はライセンスストア内でご確認ください。